code1
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

アフィリエイトで稼ぐ為にアーリーリタイヤしたニートの僕が挑戦。

主にアーリーリタイヤした人やアフィリエイトの初心者やニートの人にアフィリエイトの真髄を届けるブログになります。

物販アフィリエイトの収入を伸ばすにはブログにメルマガをオプトイン

物販アフィリエイトをするにあたって

ブログでマネタイズを図る時に

物販アフィリエイトはブログのみと

お考えの人がいると思います。

 

ですが、情報を売りにしている運営で

必要になってくるのがメルマガです。

したがって、ブログは集客枠になり、

故にブログからメルマガのリストを集め

収益化を図る事はごく普通の行動なのですが

物販アフィリエイトブログのみという

考えになってしまっています。

 

なので、物販アフィリエイトといえど

収益手段をブログのみにするのではなくて

メルマガもオプトイン(ブログに取り入れる)

してください。

 

それと、この頃はブログ物販アフィリエイト

をしている人達が、アクセスが多いブログ媒体

から1度メルマガにそのアクセスを流し

メルマガでアフィリエイトをするケースが

増えてきている感じがします。

 

ブログのみで物販アフィリエイトをする場合

トレンドキーワードやロングテール

キーワードを選定して集客します。

 

そこで集客した時の記事の中に

ランディングページへ誘導して

そこから商品を購入してもらう手法が

一般的になります。

 

ですが、メルマガをオプトインすれば

ランディングページであなたのメルマガを

紹介する形になります。

 

この行動を1つの手法として

参考になれば幸いです。

 

 

数千円から数百万円稼げている人は、記事を書き続けた人。

記事を書いたからと行って収益を

保証する事はできません。

 

それにアフィリエイト確実に稼げる

という手法はないです。

 

稼げるって言ってもその稼ぎがいくらの

事を言ってるかというと

人それぞれ違うと思うんですが

月6000円稼げたから

それが稼ぎだ、という人もいるかもしれないし

 

月6万稼ぐ事を言ったりとか

更に上を行くと月600万を稼ぐ事で

それが稼ぎだと思う人がいる。

 

何が言いたいかというと、稼ぐに対しての

金額の違いは人それぞれという事です。

 

でも、稼ぐまでに達した人は

稼げるまで続けた人なんです。

 

そんなの当たり前って思う人も

いるかもしれませんが、

実際、稼げていない時期に稼げるまで

続ける気合いというものは

生半可なものではないです。

 

いかに自分を奮い立たせられるか、ですね。

 

それと、アフィリエイトで稼ぐ為には

記事を書く、その行動から学び始める。

全てはここからなんですね。

 

こんな感じでいいのかなとか、不安に

なる時もありますけど、そうやって

迷ったり、悩んだりしたっていいんです。

 

記事が書けなくなるよりそっちの方が

いいじゃないですか。

 

今は書けなくなって立ち止まってしまっても

また再起すればいいんです。

その繰り返しだと思うんです。

 

そしていつかは稼げるようになっている。

そんな未来が掴めるといいですね。

 

 

 

 

 

努力し結果が出るまでは、どのくらい?

実際に稼げる人は失敗を恐れません。

結果が出て成果が上がり成功するまで

諦めず行動し続けるのです。

 

アフィリエイトをしているアフィリエイター

1000人にアンケートを取った結果

2年以上の期間を継続している人の割合は

70.7%らしいです。

 

この数字の人達がどのくらい明確な金額

つまりは月6万なのか、10万なのか、

もしくは100万なのかを稼げているかは、

わからないけど、、、

基本は月数じゃなくて年数くらいの

スパンで頑張れて続けられるかですよね。

 

いくらかわかりませんが

その70.7%のうち稼いでいる人は

6.5%なんですが、その中に入る確率を

上げるには、

報酬を獲得するまでの過程を

どこまでストイックに努力できるか

だと思います。これがライバルとか

自分自身もある意味ライバルなので

そこで差をつけていきましょう。

 

具体的にはモチベーションがないとか

続かないとかの言い訳は(わかりますが)

しないでとにかくアフィリエイトに対する

努力を惜しまないこと、あなたのペースで。

 

成功者だって絶対この迷走してしまう道を

通ってるはずですので、執念深く

日本人としての侍魂をもってして

継続していきたいですね^^

記事のネタが切れた場合はどうしたら?

ブログやサイトを運営する中で

基本的な事がひとつのジャンルのうち

ひとつのテーマと覚えてください。

 

でも、ひとつのブログやサイトだと

続けていくうちに段々とネタが切れてきます。

僕の場合90記事の現在の時点でネタが

切れてしまいました。

 

更新してアクセスを増やす事をしないと

ブログは廃れてしまうので

このまま放置してしまった

場合は当然稼げないですし

稼げたとしても収益は落ちてしまいます。

 

そんな時にどうしたら記事のネタが

尽きないのか?その本質をお話しします。

 

アフィリエイトでポチポチ作業する時間が

少なくて大きく稼げるジャンルというのが

稼ぐ系と言われています。

 

それと、過去の記事でも何度か話しましたが

近未来はどの商品を買うとかではなくて

どの人から買うかになると思います。

 

まさにファン化して稼いでいく

という事ですね。

貴方自身をブランディングしていく

故にその恩恵で大きく稼ぐ事ができる。

 

ここで気づいて欲しいのですが

 

貴方がどこに向かいたいか、とか

どんな思想、理想を掲げたいのか、とか

この世に何を訴えたいのか、とかを

 

記事にして書いていく事で

ネタなんてものはアフィリエイト

やり続ける限りは切れないと思うんです。

そこに向かい続ける、魂がある限り。

と、でも言うのでしょうかね。

(ちょっとかっこつけました)

 

つまり、アフィリエイトに対する想いが

熱ければ熱い程に、おそらくネタ切れは

ないと思うんです。

 

あとは、人によって長文なんて余裕で

書けるって人と、僕みたいに

長文はちょっと……って人もいると

思うので文字数は最低、何百文字以上を

書こうって決めてあなたのペースでいいし

苦をなるべく無くしたやり易いやり方で

書いていけばいいと思いますよ^^

 

でも、理想論の話をしだすと長文が

苦手な僕でもこうやって気づけば

786文字を書けています。

 

しんどくなったら下書きしといて

また書く時に書けばいいだけです。

 

 

 

 

 

 

3つ目のコンテンツSEO

見直したり改善したりの繰り返し

について説明していきますね。

 

そこでコツなのですが

貴方の好きなタイミングでいいので

効果測定をしてください。

サイトやブログ解析を見て測定をする

という事ですね。

 

コンテンツSEOだけに限った話では

ないのですが、何かに対して

施策して実行し、結果が出れば検証して

そこから改善する事が重要になってきます。

 

コンテンツSEOでの検証は

狙っているキーワードでの検索順位と

クリックの数とそれぞれのページに訪れている

人の数とランディングページを経由して

見てもらいたいページに訪れている人の数

などの測定が基本となります。

 

Google AnalyticsGoogle Search Cosoleで

僕も解析して見ているのですが

ここで上記で話した数値を測定して

結果が出ているかを判断します。

 

そこで、あまり効果が出ていない場合は

状況によってはページに手を加えて

改善が必要になってきます。

 

例として、検索順位は高いのにも関わらず

肝心のクリック数が少ないページが

あった時はそのページのタイトルを

改善するとクリック率が

上がる場合があります。

雑談の回、スルーでも結構です。

なんかこの頃、というか、結構前から

疑問に思っていた事があって

なんで起動しない人に限って

言い訳して資産構築(ネットビジネス)を

やらないのか?こんな事を思っていました。

 

やり方がわからないとか、そんなのただの

言い訳なんですよ、調べればいいわけですし。

調べ方がわからないのならそれは

検索スキルがまだないだけです。

 

今を何も変えようともせず、仕事に対して

愚痴るだけ愚痴って生きていたら

あっちゅーまに老いて歯が抜けて

何喋ってるかもわからなくなります。

 

そうなる前に、資産をネットを通して

構築して不労所得を得ようよって話です。

貴方の人生は1度きりなんです、

(来世で生まれ変わっても今の

記憶を忘れている為)

 

ほんとに鎖に繋がれているような

周りを気にして踏み出せない、つまらない

大人にだけはならないでください。

 

オフラインで事業を開きたいのなら

話は別ですが、、やってからの後悔の方が

清々しいと思うんですよ。

 

最近友達の後輩がネットビジネスで

とある成功を果たしたらしいです。

成功と言っても100万稼いだよ!とか

 

いやいや、まだ6万稼いだよ、などいろいろ

人によって成功の価値観は違いますね。

でも、身近にネットビジネスの世界を

知っている人がいると何だか嬉しいです。

 

その何かに成功した後輩も初めは

友達に聞かされてもネットビジネスに

対して半信半疑でバカにしていたらしいです。

僕も最初この世界を知った時は疑いました。

 

、、、嘘です、僕はアホなのでひたすら

信じたクチです。

もう2年くらい前になります。

 

でも、その後輩は親友から更にその世界を

聞かされてその道に突っ走ったらしいです。

聞いたら参入期間は去年の12月くらいから

 

なので、もう半年くらい継続したという事に

なりますね、やはりそのくらいの期間が

必要なんだなー、と思いました。

 

 

2つ目の有能な記事を書き続ける事、コンテンツSEO

つまり継続して記事を追加していく事ですね。

挫折せずに続ける事まさに継続は力なりです。

この言葉はコンテンツSEOを制して成功を収めるためのマインドといっても間違いないと思いますよ。

 

ひとまとめにコンテンツを量産して追加してそのあとは放置することはせずに、有能なコンテンツを追加した後も長い目で運営していくべきです。

 

闇雲にコンテンツを連打して追加するのがコンテンツSEOじゃないです。ただ、コンテンツボリューム、いわゆる記事の量はある程度必要になっています。

 

もしもあなたが行なっているアフィリエイトのジャンルに手強いライバルがいて検索エンジンの上位に上げるのが厳しいのなら尚更、記事を増やしてくださいね。

 

例としてひとつのジャンルを何種類かの話題に振り分けてその振り分けた話題を掘り下げてコンテンツを順番に創りあげいき、媒体に載せていく。そのまま話題をたばねて目次ページをリアルタイムに更新していく。

 

それと、キーワードが同じな場合で読者さんの求める検索が変わった場合はその検索キーワードに答える形でコンテンツをアップデートして情報を付け足したり書き足したりなどする事。

 

このような施策つまりは運営をおこたらない努力をして地道に少しづつ継続してくださいね。

んー、めんどくさいのは僕も同じですよ、理想に近づく為には自分を奮い立たせるしかないです。

 

何のためにアフィリエイトをやっているのか?を改めて考え直してみてください。人は忘れやすい生き物ですからね。

 

それでは次回は3つ目になります。

コンテンツSEOの重要性、その3

コンテンツSEOで力を入れるところとは?

これからコンテンツSEOを取り入れる人はどんなことを重要視すればいいのか。それらについて執筆していきます。

 

そこで大きく分けて重要視することは3つあります。

 

1つ目は有能なコンテンツを創る事

2つ目はその有能な物を書き続ける事

3つ目は見直したり改善したりの繰り返し

 

それではまず1つ目なんですが、有能なコンテンツに正解も不正解もなくて狙っているユーザーはどんなことを知りたくて知識欲を満たしたいのか?そのことを最善に考えそれに答える記事を創ることに力を入れてください。

 

その答える記事を書く方法、それはオリジナルにあなたの思想を文字にして、さらには中立的に誰が読んでも読みやすくて分かりやすい記事を書くこと。(おじいちゃん、おばあちゃんは老眼鏡をおかけください)

 

コンテンツを創る際のネタ切れなどの問題の解決方法は、色んなところから情報をインプットして脳みそに詰め込んでそれをあなたの思想に変換する事です。アウトプットですね。インプットするだけしてそのあとずっと何もしない人は注意が必要です。アウトプットしましょう。(それをしないと記事というコンテンツをそもそも書くことが出来ないので2回言います)

 

次回の記事では2つ目について書いていきたいと思います。

 

雑談の回、スルーでも可。

これから先、見えない未来真っ暗で不安になってしまっている。そんな深い闇を見ている人達にこの記事を見てほしくて書きます。

 

早いも遅いもないのがネットビジネスでアフィリエイトというひとつのビジネスモデルです。しかし、最近スマホを見て下を向いている学生を見ると何故か悲しくなる、出来たらそんな人を救ってあげたいと思う自分がいるんです。(何に悩んでいるかはわかりませんが)

 

偽善なことを言っているのはわかってます、綺麗事も言いたくはないです、でもそもそもアフィリエイトっていくらビジネスでも届けるのは人なのでそれくらいの理想郷を抱いたっていいと思うんですよ。

 

これだけいろいろな情報が観れる環境が当たり前に浸透していますから、色々と察して大体の結果が見えてしまい、たまにこの世界が嫌になるのはわかります。

 

男性でも女性でも同じです、普通の常識的な生活をする場合、早く起きて決まった職場に行き決まった時間に帰る、これを休みの日以外は定年まで繰り返しループする。考えるだけで恐ろしいしヘドが出そうになります。

 

それに独身じゃない限りほとんどの時間を仕事に摂取されるので結婚していれば家族サービスも休みの日だけ。それに加えて自営業や歯科医師や病院の先生とかじゃない限り生活はカツカツな始末。

 

そういう人生で構わないしむしろ幸せならばこの記事はかなりの余計なお世話になりますが、そうじゃなければ老いるまで一生この世界に養分を蓄えるだけの人生になってしまうんですよ。

 

先にも話しましたがオフライン(外で働いている)自営業とかの金持ちというのは金はあっても時間がないと思うんですが、オンライン(ネットを使ったビジネス)は金と時間の双方を手に入れることが出来る。

 

それがアフィリエイトです。

 

ネットビジネスモデルの中でも2番目くらいに再現性が高くて、しかも長期的に収入が仕組み化さえすることが出来れば自動的に入ってくる。

 

このアフィリエイトを正しいやり方で最低3ヶ月から1年継続することで仕事にも、この間違った日本にも振り回されることなく、自由が手に入る。

 

話がそれますが元々僕は元気な中高生は好きで(マナーがない学生は嫌いです)アイドルプロデュースではないですけど、あの素の元気が羨ましいです。と同時に影響力?なのかわからないですが、僕もまだまだいける!みたいな生きる気力も貰えて感謝しています。

 

なのでいつかはビジネス仲間になりたいな、って思ってもいます^^

 

と、たまには雑談をしてみたkuroeでしたー。

 

 

コンテンツSEOの重要性、その2

コンテンツSEOになんで今こだわるのか?

それとなんでコンテンツSEOが今こんなにも

注目されているのか?それはgoogle

検索エンジンが進化しているからです。

 

googleは長い間リンクを貼られまくっている

ページを有能と評価していて上位に表示。

SEOではそのページが他のページから

リンクを貼られてハイパーリンク

貼られることを被リンクと言います。

 

その被リンクが多ければ多いほど

検索順位に比例するのです。

なので現在のgoogleはコンテンツが

いかに有能か、を重要視しています。

 

例としては特定のテーマについて

情報に対する網羅性が有能だったり

他には特定のトピックについて深く掘り下げて

コンテンツを創り上げているページが

評価されるのです。

 

よってコンテンツSEOが検索結果の

上位表示されることに不可欠な仕組みになる。

それとコンテンツマーケティング

コンテンツSEOの違いについては

双方狙っているユーザーさんが欲しがっている

コンテンツを与えることが重要視されている。

 

ですが、これはあくまで

コンテンツSEOという数あるうちの

ひとつの手法です。

検索エンジンで1番上に表示させる為の

手段です。

 

それに対してコンテンツマーケティングとは

ひとつではなく広い概念を持った手法です。

定義としてコンテンツマーケティング

ターゲット顧客に対して価値あるコンテンツ

を創りそれを発信し、そのターゲットを

見込み客としてあなたの媒体に呼び込み

その需要を強化して購買の先に

ファン化することを目標とした

マーケティング手法なのです。

 

コンテンツマーケティングはその

見込み客を呼び込む為に色々な施策をしますが

コンテンツSEOはただひとつの施策でしかない

という事です。

 

 

コンテンツSEOの重要性とは?

コンテンツSEOの意味はコンテンツを利用して

SEO(検索エンジン最適化)を狙う手法の事です。

 

集客方法のひとつがこのコンテンツSEO

なのですがこの手法はやはり有能です。

コンテンツSEOはアクセスを集める方法の

王道といってもいい程の重要な施策ですが

 

これからその「コンテンツSEOについて

掘り下げて解説していきます。

 

この施策をするにあたって

検索エンジン最適化で検索上位に

上げることを意識し過ぎると

 

上位表示の為のコンテンツの量産とか

 

検索エンジンアルゴリズムを探して

上位表示される為のコンテンツ

 

といった

視野の狭い状況になってしまいます。

 

なのでコンテンツSEOをやる時は

狙ったユーザーさんに求められている

質のいいコンテンツを与える過程があってこそ

最終的には検索エンジンで上位に

引っ張りあげることを目標にする。

 

それをしてください。

 

その為には狙っているユーザーさんが

何の情報を欲しているかを見極め

それに対して有能なコンテンツを与える。

 

狙っているユーザーさんが知りたいことを

検索する時に打つキーワードを推理して

それらのキーワードで検索した時に

検索エンジンにて上位表示させるように

努力をしてコンテンツを創っておく。

 

このような施策のことをコンテンツSEO

と言います。

 

上位表示させる為ばかりを考えるのではなく

有能なコンテンツを創ってユーザーさんに

評価されることを考える。これが大事です。

 

コンテンツSEOをやるうえで重要な事なので

しっかりそれを意識して行動しましょう。

ブログのタイトル変更についてのふたつ目

それではふたつ目に入りたいと思います。

このふたつ目はキーワードを狙うわけでなく

ブランディングの為のブログ運営になります。

 

例としては、僕の場合、アーリーリタイヤして

ニートになったところを覚えて欲しいので

それに沿ったタイトルにすることです。

 

あとは、既婚者は性格が歪んでいるとかの

タイトルをつけている場合ですね。

(これは僕自身が歪んでんなーと最近

思ったからです、ニートでお荷物に縛られない

自由な僕には結婚は理解できない環境です)

 

それとこの運営のやり方の場合は

ブログタイトルにキーワードを入れずに

ブログにある説明文に

キーワードを入れてください。

 

ひとつ目と違ってキーワードを狙った

やり方ではないのでブログタイトル変更に

対してのリスクは少ないと思います。

 

結論としてブログのタイトル変更をする時は

関係のないキーワードに変えてしまうと

検索順位に影響が出て下がってしまいます。

 

でも狙っているキーワードさえ

変更しなければ激しく検索順位が

下がる事はおそらくないです。