アフィリエイトにアーリーリタイヤしたニートの僕が挑戦。

主にアーリーリタイヤした人やニートの人にアフィリエイトの真髄を届けるブログ。

アフィリエイトで稼ぐには?究極論版

アフィリエイトをしていくうえで1番の

ゴールと言えばマネタイズしてお金を

稼いでいくことですよね。

 

ですがその過程で大変なことが収益を

月収6万を変えるところだと思います。

 

数々の初心者の方がこの月収6万円の壁

を越えることができずあるいは6万円にも

到達することが出来ずに去っていくというのが

現状なんです。

 

 

とすれば、どうしたら月収6万円という壁を

越えることが出来るのか?

その部分を説明していきたいと思います。

 

 

アフィリエイトをして月収6万円を達成

する為には大事な事が6つあります。

 

この6つを道筋に沿って行くことが

月収6万円の収益達成への近道。

 

 

それでは以下の6つに注目していきましょう。

 

1、ロングテールを狙いアクセスを増大

2、最低でも100記事を更新する

3、SNSと連携してメディアに露出

4、ブログやサイトを育てて評価する

5、アクセスが多い記事を強化

6、大切なのは楽しむこと(そして継続)

 

この6つですね。

それでは、1から6まで詳細的に

説明していきますね!

 

続きは次の記事で^^

何故メルマガはやったほうがいいのか?

ブログやサイトのアクセスから登録された

読者に情報を発信する、それがメルマガ、

リストマーケティングですね。

 

 

それが何故これほどまでに最強なのか?

コンテンツSEOやオウンドメディアも

最強ですが、(何個最強があるんだ)

上記の2つとは違った特権をもっているから

なんですね。

 

 

それは、メルマガでは読者に的確に好きな

タイミングで届けれるからなんです。

しかも、その読者は資産であると同時に

収益となるのです。

 

 

例えば、登録読者が2000人いるとして

2万円の商品を売ると考え、その内の10%

の読者が購入してくれれば200万に

なりますよね。まさにレバレッジです。

 

 

更にその読者があなたのファンで居続ける限り

その先も購入してくれるのです。

なので、読者が2000人を超えて

20000人になれば自然に考えて

利益が爆発して上がるのがわかる筈です。

 

 

こんなかんじで、いつでも好きな時に

商品を売ることができて、読者は貴重な財産

となる、これがメルマガの醍醐味であり

メルマガ特有のアビリティで、

それが強みの理由なのです。

 

 

言い忘れていましたが、まずは無料で

メルマガを開始したい人は

オレンジメールがおすすめです。

理由はまぐまぐとかと違って

読者の数が観れたり管理が出来るからです。

(有料クラスもあります。)

 

メルマガというリストマーケティング。

量産型のトレンドじゃなく、

アフィリエイトをサイトでする訳でもなく

アフィリエイトをブログでする訳でもない

もう1つのビジネスモデルは何と言っても

メールマガジンです。

 

 

リストマーケティングと言って簡単に

説明するとブログに集まったアクセスの中から

何人かがそのままメルマガに登録して

読者になるというビジネスモデルですね。

 

 

もしも、貴方に得意としているスキルとか

経験があるとそれを見て気になった人が

来てくれるようなサイトやブログを創り

そこからメルマガに登録してもらう流れです。

 

 

そこで、メルマガのリストを手に入れた後は

どうな風に収益につなげていくか?

それはメルマガで直接セミナーに

来てくれるように書いてみたり

あなたの商品を売ってみたり

もちろん、普通の各ASPから提携した

アフィリエイトだって出来るのです。

 

 

ですが、メルマガをやる以上、敷居は

上がってしまいます。それは読者をファン化

しないといけないからですね。

加えて、メルマガの中でするライティング力

だったり、売る為のコピーライティングスキルだったりも必要になってきます。

 

 

ですが、このメルマガという

リストマーケティングのビジネスモデルで

稼いでしまえば生きている限りこの先もずっと

収益化することが出来るのです。

(ただ、難易度は高めですよ。)

 

ホワイトハットSEOでそれぞれの記事にする事とは?

ホワイトハットSEOでそれぞれの記事に

すること、、それは各記事に無料オファーを

与える、そう設定することです。

 

メルマガの読者を登録させ更に

コンバージョン率(売上率)を上げる

上記の手法があります。

 

 

その名もコンテンツアップグレードです。

例として、アフィリエイトの事に

フォーカスした記事ならその記事内に

アフィリエイトで稼ぐためのノウハウ」

のような無料オファーを貼ります。

 

 

この手法は基本メルマガの登録者を得る為の

ノウハウなんですが、その他にも被リンクと

ソーシャルシェアを得ることが出来るノウハウ

なのです。

 

 

それと、人という生き物は本質的に

相互関係を持っていて、それゆえに

無料オファーを提供してくれてありがとう!

と感謝の気持ちを形で返そうとするので

リンクやソーシャルシェアで返してくれて

こちらの利になるのですね。

 

 

利と言えばまだあります、それは

このコンテンツアップグレードの手法は

コンバージョン率が凄く高くなることです。

SEO対策の1知識として頭に

入れおくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

SEOでライバルに差をつける方法とは?

それはきっとコンテンツSEOかと。

この記事内容+検索エンジン最適化は

ほんとに強い。

良いことばかりで一石二鳥なんですよ。

 

googleからは評価される、

人からは喜ばれ対価として収益。

そう確信しています。

 

SEOを何故するかはgoogleの評価のためで

記事は何故するかは人のため、

でもSEO対策ってほぼみんな基本中の基本を

もうすでに施策済みだと思うんですよね。

 

だからライバルに差をつけるのが困難になる。

ならどうやって差をつけて上位表示させるか?

 

 

SEO対策がベンツなら、

記事はガソリンと考えてみてください。

 

どんなにSEO対策が良くできていて

憧れのベンツでも、

記事のガソリンが無価値だと意味ないのです。

走り出すことすら出来ません。

 

だからその記事の部分のガソリンを

良くする(価値をもたらす。)ところで

ライバルと差をつけましょう。

 

いかに価値のある記事を書くことに

全精神をかけた中身濃厚なコンテンツSEO

ラスボスをもワンパンする程に最強の武器

なのです。

 

記事の途中ですが、ホワイトハットSEO

という正攻法のSEO対策方法もありますよ。

https://kuroe25net.hatenadiary.jp/entry/2018/06/11/ブラックハットSEO_&ホワイトハットSEOそれぞれの重

 

 

 

それと今あなたがアフィリエイトをやっている

ジャンルのライバルのサイトやブログを

ちゃんとチェックしてください。

その後でそのライバル以上の武器を担いで

あなたのブログやサイトに装備させるイメージ

でライバル以上のコンテンツを書きましょう。

 

そうするとこで、差をつけれるかもしれません。そのライバルが書いてある記事が

そんなに大した内容じゃない場合もあるし、

外注化している場合は勝てる確率が上がりますよ。

 

あとは、検索して上位にあるサイトやブログ

の内容を全部網羅した価値ある記事だけを

コンテンツに加えて上位表示を狙うとか。

このやり方は今度僕も挑戦してみたい。

 

やっぱりどれだけライバルじゃなくて

あなたの内容を(媒体を)ユーザーから選んで

もらうにはどうしたらいいのか?

それを考えましょう。

 

それと、

SEOgoogleに認知してもらうためであり

記事は人に認知してもらうため

と、考えてみるとわかりやすいかと。

 

それと、SEOをやる価値がどれだけあるかを

書いた記事はこちらです。

https://kuroe25net.hatenadiary.jp/entry/2018/06/11/SEOの本質がわかれば有利なのです。

 

 

 

 

 

「オウンドメディア」需要がある内容で記事を書く。

オウンドメディアをする時に1番意識して

やるべき事は、訪問者に対して求められている

記事を書いていくことと、重要なある内容で

記事を書いていきましょう。

 

 

なんでかというと、googleは人が求めている

ものに対して価値があるブログやサイトを

上位表示する方針にあるからです。

 

 

現に近頃では価値のない底辺なコンテンツの

キュレーションサイトやブログを順位から

落とすアルゴリズムになりましたね。

これからは、訪問者に対して価値のある

内容をまとめたものを与える事が重要なのです。

 

 

その訪問者「人」に対して価値があるか

どうかは直帰率や平均滞在時間がよいか

どうかでわかります。

なぜなら、本当に価値のあるところなら

違う記事も見てくれるので直帰率が下がり

平均滞在時間は上がるのでそれが証でしょう。

 

 

あと大事なことは、狙う相手すなわち

ターゲットはちゃんと決めてどんなことに

悩んでいるか察してあげ、それを解決させて

あげられる記事を書くこと。

 

何度も言いますが、ファンをたくさん作るには

オウンドメディアをやる時にすでに決まって

しまいます。

 

あなたが書く記事というのはロボットじゃなく

人に対して書くわけであり、

電波の向こう側にいる人は何を考え、

何に悩んでいるか恋人の如く考えてやり

想像しながら書くことです。

 

 

それと!オウンドメディアを仕組み化していく

上で重要かつ覚えておくことをここの記事で

書いてます!

https://kuroe25net.hatenadiary.jp/entry/2018/06/15/オウンドメディアは検索エンジンから、つまり悩

「オウンドメディア」読まれる記事とは?

何かを調べたくて検索する時に

全然関係のないブログだったりサイトが

出てきたら「なんだこれ?」ってなって

速攻画面スライドさせて閉じますよね。

読みにく記事とか、

何が言いたいのか訳わからん記事とか。

 

その後は別のブログやサイトに行って

コンテンツ(情報量)や読みやすい記事や

デザインが本格的でまるで公式サイトの

ようなところなら深く読みますよね。

 

何が言いたいのかというと

検索している人も目が肥えているので

1発でここは読まないと、見切るのです。

(検索に慣れている猛者もいる)

それに、どこのブログやサイトを見るか

吟味して選んでいるわけです。

 

なので、記事を書く時に意識する事が

あるのですが、それは貴方が書いた記事は

基本的に読まれないと意識することです。

口調が厳しくなってしまいましたが、

それだけ皆さんには成功して欲しいので。

 

読まれる記事を書くためには

コピーライティングと同じく、記事の

冒頭で書く内容で勝負が決まる

可能性があります。

その冒頭とはだいたい5行くらいの部分を

指すのですがそこをどう書くかで貴方の

文章が読まれるかが決まるのです。

 

 

例として、冒頭でインパクトがある言葉を

入れてみたり、さっさと結論を書いてみたり、

(僕的にさっさと答えや結論を教えろよって

思う時があるので、まとめもそうですね。)

とにかく読ませることに全精神を使って

工夫する事が大事です。

 

このオウンドメディアではその手法が

かなり重要になってくるのです。

 

オウンドメディアについて続きの記事は

こちらから

https://kuroe25net.hatenadiary.jp/entry/2018/06/19/「オウンドメディア」需要がある内容で記事を書

 

 

 

オウンドメディアは半年から1年かかるのを覚悟してやること。

オウンドメディアをブログやサイトで

やるとき仕組み化するのならとにかく

焦らないことがコツです。

よく聞く結果が出やすく再現性が高い

転売とかなら収益を獲得するのは早いですが

オウンドメディアはリターンがいいぶん

時間が、かかってしまいます。

 

 

それなのにも関わらず、すぐお金が欲しくて

焦ってしまい、そのせいでやる気も

上がったり下がったりで次第に記事を書く

頻度が減っていき挫折して諦める。

 

気持ちは痛いくらいわかりますが

すぐには成果は出ないので

我慢強く根気よく継続しましょう。

 

 

そもそも、利益が自動化され知らずのうちに

収益になるまでに半年から1年かかるという

心得をしておけば焦ることはおそらく

ないと思います。これ大事ですよ。

 

 

もうこれは気合でやれば、やったもん勝ち

と言ってもいいですね。

 

だって1日1記事を毎日更新して

それを半年から1年続ければ、それだけで

勝手にネットがお金を稼いで

くれるんですからね。ほんとに

やらないと損かと。

(簡単な事ではありませんが)

 

 

例えアクセスが集まらなくても

さっきも言いましたが時間がかかるのは

当たり前だと心得ていれば記事を

書き続けることに病むこともなく

持続して書き続けられるかと思います。

「オウンドメディア」とは着地点を決めておくこと。

ただ闇雲にブログやサイトを書いていくのなら

着地点を決める必要もないですが、(ただの日記にしかならない為)

ビジネスをしていてオウンドメディアを

仕組み化していくんならちゃんとした

着地点を決めることです。

 

 

例として、アフィリエイトなら

クッションページに誘導させて購入してもらう

までが着地点にして、更に内部リンクを貼る。

メルマガをやるのならリストを集めて

登録させるまで誘導するための

クッションページを書くなどです。

 

 

オウンドメディアへ詰め込む記事のコンテンツ

は記事によってそれぞれでコンテンツが

違うのですが進むべく着地点は一緒です。

なので、読んでくれた記事から更に

他の記事も読んでみたいと思わせて

読んでもらい、そうすることでファン化が

なされ、アフィリエイトで成果が出たり

メルマガに登録してもらえる。

こんな成功が待っています。

 

 

このような着地点への誘導をマスターしてない

ブログやサイトが溢れている世界で

逆にマスターしていれば購入率とか登録率が

上がっていくというわけです。

 

 

でも、絶対的にこの手法をすれば誘導を

マスターできるという保証は確実などと

無責任なことは言いかねますが、

そこは経験でカバーをすればいいので

試行錯誤したりしてPDCAをすること。

ジャンルを絞って特化させメディアを意識しする。

オウンドメディアをやるうえで

名前にメディアが入っているように

あるジャンルに特化して情報をちゃんと

提供したブログやサイトを構築化していく

必要があります。

 

 

例としてこのブログはネットビジネスと

アフィリエイトの事を主にしている

ブログでやっています。

なので、脱毛なら脱毛、転売なら転売と

テーマを特化して明確にオウンドメディアを

やった方がいいでしょう。

 

 

イメージとしてはそのサイトやブログを

見た時に1発でどんなジャンルでやっている

かがわかるように意識して運営しましょう。

 

 

その時に情報をまとめ、ちゃんと内部リンクに

誘導することができれば訪問者もまとめて

記事を読んでくれるのです。

 

 

それと、ブログやサイトに訪問する人に対して

「これが見たい」って時にその記事をすぐ

見つけられるように誘導してあげることも

大切です。例えば検索項目を追加するとか。

利益自動化のオウンドメディアを攻略。

検索エンジンからのユーザー確率が高まるから

運営しているコンテンツに魅力を

感じてくれた人達が利益になりやすい

オウンドメディア。

 

 

ただ、そのオウンドメディアを構築して

仕組み化する過程でアクセスが集まらず

挫折して諦める人が多数いるのです。

なので、オウンドメディアで大切なことを

説明していきます。

 

 

まずは、1つの記事だけじゃなく

誘導させて違う記事も読ませる。

 

 

これが大事ですね。

何故かというと、オウンドメディアをするなら

違う記事も読んでもらう事が理想だからです。

 

 

1ユーザーが違う記事を見てくれると

googleアナリティクスでの直帰率が下がったり

(直帰率は低い方がいいです)平均滞在時間

も上がるのです。

 

 

しかも、そのユーザーをファンにすることが

出来るので価値のある、

あなたのブログやサイトをそのファンに

いっぱい見てもらえるためアフィリエイトでも

商品が売れるし、メルマガでもファンだから

貪欲に忠実に読んでくれて稼げるのです。

 

  

しかし、人っていうのは強靭な精神力を

持っていない限り誰かに言われないと

行動しないので、ちゃんと違う記事に

誘導することも大事です。

 

 

そんな時は記事内にあなたの他の記事の

URLを貼れば内部SEO対策にもなるし

一石二鳥ですよね。

例えばこんな感じに、

内部SEOって?

https://kuroe25net.hatenadiary.jp/entry/2018/05/31/174442

 

それでは、まだまだオウンドメディアを

攻略していくので次の記事も是非

読んでくださいね!

 

 

 

オウンドメディアを創り上げるには?

これだけやらない理由がないオウンドメディア

を構築するにはどうしたらいいのか?

まずそう考えると思います。

 

 

リターンが長い期間稼げるという理想的な

この仕組みならば考えるのは必然です。

結果論を言ってしまえばオウンドメディア

というのはアフィリエイトをするうえで

おこなう基本をすればいいのです!

*簡単に言ってますが道のりは長いです。

 

 

なので、過去の記事に書いてますが

まず戦略としてテーマを決めてそのテーマに

そって記事を書き、記事の中の文章は

テーマを意識した言葉を埋め込む。

 

 

ブログやサイトに戦略もなしに

記事を書いてしまっている方がいると

思いますが、

そうじゃなく、ブログやサイトを作る時点で

その仕組みを再現できるか、が決まってしまうのです。

 

 

その時にネットの向こう側にいるのは「人」

ですよね、だからその人が何を考えていて

何に悩んでいて、どのような環境なのか?

そういうところまで考えそれにそって

オウンドメディアでのテーマを決める。

 

 

テーマが決まったら早速ブログでもサイトでも

開設して実行する時に何度も言いますが

適当に記事を書くのではなくその「人」に

見てもらうために作戦を事前に計りましょう。

 

 

例えば、どんなジャンルでどんなルートで

最終的にどのメディアモデルで生計を立てるか?メディアモデルにはアフィリエイト

成果を出すか、メルマガで成果を出すか?

という選択肢があります。

 

 

この戦略を踏まえたうえで記事を埋めれば

内部リンク(内部SEO対策ですね)が

貼りやすくなり、まとまりのある媒体に

なるので訪れてくれた人は見やすい。

 

 

あとは、記事を書く時に絶対と言っても

いいほど意識することは検索キーワードです。

この記事ならオウンドメディアの事を

書いてますのでそのワードを記事に意識的に

入れるという事ですね。

オウンドメディアの事を知りたくて

調べてるのにニートというワードで

検索なんてしませんよね。

なので、検索キーワードと記事は

直結していると認識してもらって構いません。

 

 

それまでして、少しづつアクセスが

集まってきたら、

クロージング記事(いわゆる販売ページ)へ

軽やかに誘導するためのクッションページ

とか記事の1番下とかによくある

メルマガ登録項目を設けていく感じです!

もうひとつくらい何とかページというのが

あったと思うのですがすいません、

ど忘れしました。。

 

それと、検索した時にブログやサイトが

上位表示するのにかかる時間は

確定的な例はないので、だいたい半年から

1年くらいになるので辛抱強くやっていく

必要がありますね。(ファイトです!)

僕のことも応援してください(心の声)

 

 

1回上位表示されさえすれば長い期間を

稼ぐことができるわけです。

ほぼ、ローリスク、ハイリターンだと

思っていますがそう思えない方は挫折して

諦めてしまう可能性があるので

助長はしませんよ。さすがに貴重な時間を

投資しているのでノーリスクとは言えませんが

それだけやる価値が非常にあるのです。